みなさんは、借金返済の為にマイホームを手放そうと考えていませんか? 借金返済において、最も難しいのは自宅を維持することだと思います。 月々のローンもそうなのですが、自己破産してしまえば、住宅などの資産は処分されてしまいますよね。 しかし、せっかく手に入れて自身が主である家を、そうそう簡単には手放したくないですよね。

そんな方に、オススメ出来るのが個人再生ですよ。個人再生は「住宅ローン特別条項」を使用することによって、マイホームを維持しつつ債務整理を行うことができます。 この制度は、住宅ローンがまだ終了していない状態で、ローンの支払いが難しくなったときに活用でき、住宅ローンの支払金額を帳消しにするのでなくて、支払いを繰延べすることが出来るのです。 よって、仮に住宅ローンの残り金額が少なくない場合には、中々再生プランが立てにくくなってしまうのです。

注意点はあるものの、個人再生において「住宅ローン特別条項」を使用すれば、借金があっても、自宅を維持したまま生活することが出来るのです。 もちろん、後々住宅ローンの支払いは絶対になりますが、払えない期間分住宅ローンを繰延べすることが出来るのは、とても大きなメリットだと言えます。

関連ページ